流山 すず季ブログ
店主と女将が日々の事などを紹介していきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金砂の谷の物語
いよいよ師走

お蔭さまで今年は自家栽培含め良質の蕎麦を仕入れることが出来ました。

これも日ごろからすず季を支えてくださるお客様はじめ大勢の方々のお蔭と感謝いたします。

一度、三途の川をさまよった自分に「生きる」情熱の火を灯してくれたのが金砂郷の地球のリズムで栽培された
蕎麦でした。

そして、縁あって数百年土地を守り作り続けられ美味しいと語られた蕎麦を「あんたに預ける」と

大勢の地元の方々に譲っていただきました。今度は私がお客様に蕎麦農家さんに頂いた気持ちを蕎麦に込めて

伝えなければなりません。

小鳥が囀りのどかな景色と農家さんの笑顔と数百年守り通している誇りが伝わりますように!

金砂の谷の物語

本日、開演いたします。

ご興味ございましたらお立ち寄りください。

心よりお待ち申しております。

スポンサーサイト
金砂の谷の物語 開催日について
すず季のお客様への感謝祭でもあり収穫祭でもあるイベント

「金砂の谷の物語」

第一回 12月4日(土)・5日(日)

第二回 12月11日(土)・12日(日)

自家栽培蕎麦で三昧蕎麦(生粉打ち・粗挽き・手挽き田舎)を限定20セット
売り切れ御免にて

その他の生粉打ちは金砂郷赤土産の農家さんから譲っていただいた蕎麦になります。
(第一回の農家さんと第二回の農家さんは別の方の蕎麦になります。)

その他の日でも10人分から三昧蕎麦は承ります。(完全予約制)

ご興味ございましたらお立ち寄りください。

尚、12月8日(水)9日(木)は玄蕎麦を譲り受けのためお休みいたします。

宜しくお願い致します。

【貸切営業のご案内】

師走も迫りお蔭さまですず季で宴を開きたいとのご予約をポツリポツリと頂き始めました。

只今次の日時は完全貸切になりますのでご了承ください

12月17日PM5:30~終了まで

12月18日AM11:45~PM1:30まで

宜しくお願い致します。


おかげさま2
途中経過です
画像 135
石抜き作業

画像 136
磨き作業

画像 137
お日様と大地と情熱の結晶

画像 138
画像 140
寒さに凍える心のコートを剥がし

美しい裸体へと貴女を誘う

心のままに感じて欲しい。

大地の温もり感じて欲しい。

生まれたての妖精たちを

甘く美しいのでちょっと頭に浮んだ言葉を書いて見ました(^^)


少しずつ掃除しています、もうしばらくお待ちください。
おかげさまで 脱穀終了
私が本気で蕎麦を打とうと決断させた「金砂郷の赤土地区の天日干しの蕎麦」

お蔭さまで今年は人にも運にも恵まれ十分な量の蕎麦を収穫する事が出来ました。

有難うございました。

画像 134
昭和27年から現役

画像 133
顔を真っ黒にして

画像 132
シャラシャラと少し重たい音で「く~っ、この音たまりません!」

画像 131
磨きを掛けて輝かせますよ!



後の作業は流山で。


お蔭さまで今年も畑の作業は何とか無事に終わりました。

お世話になった地元の方々に感謝し

B'z RUN でも口ずさみながら


今日は「お疲れ様の美酒」に酔わせて下さい!






脱穀 初日
毎度お立ち寄りくださり有難うございます。

金砂郷蕎麦栽培2010 途中経過です。

お蔭さまで今年の蕎麦は良いみたいです。(食べてみないと分かりませんがで今までの経験値と齧ってみた感じでは良いかも。)

画像 127
「今年はなかなか終わりません!」

画像 126

三代住んで初めて江戸っ子、こちらは金砂郷っ子予備軍(3年以上この畑で取れた種蕎麦を蒔いたら来年こそは本当の金砂郷っ子)来年以降もこの畑の蕎麦を種蕎麦で使えば真の金砂郷在来、3年以上使わないのはなんちゃって金砂郷在来というのが個人的定義。ちなみに私のお願いしている農家さんは真の金砂郷在来です。粒が違います。

8年続けて解った事は他人が家に来て同居したって直ぐに仲良くなんないでしょ。
馴染むには3年以上必要なんだな。

あえて辛口ですが、ここの蕎麦を人を土地を愛しているから沢山あるなかの一言だけ言わせてください。

本気で地元のことを考えている方々へ

土地には蕎麦を育てる容量がある。収量が落ちるからとコンバインだかなんだか分からないよその種蕎麦を
蒔いたってその時の蕎麦は生きなくちゃ子孫を残さなくちゃと色んなパターンの種子を残し収量は多くなるが
畑にばっちり合う蕎麦になる確率は下がる。最近は種蕎麦用はコンバインがほとんど。

コンバインでも手刈でも良いが自分の畑には自分の蕎麦を蒔いてもOKと認めてほしい。
受け皿を大きくして欲しい。

同じ金砂郷でも畑によって作り手によって表情が違う。それが面白いし味だと思う。(個人的意見)


これは、何も無いところから始まった街の蕎麦屋の独り言ですが、
奈川在来にしろ祖谷在来にしろ何代もそこの畑で育てられた熟年夫婦のような
天日干し在来蕎麦の力強さをお客様の感動を通して学ばせて頂きました。

真面目に良い蕎麦を作っておられる方々のためにもお願いします!

さて、畑に戻りますが

画像 128
あっという間に日没

画像 129
夕焼けにお月様が

明日は冷え込みそうです。

二日目は残りの蕎麦を叩いて、ゴミを取り除きます。

では、明日も金砂郷へ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。