流山 すず季ブログ
店主と女将が日々の事などを紹介していきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日の夕方から
新潟県の注目の醸造家『武田 良則』が醸し上げる限定品。

山間(やまあい)の地元で栽培された酒米で醸した酒で、一切の妥協を許さず醸し、蔵元・武田良則が求める「究極の味わい」の具現化目刺し、亀口から直接採取した酒だけに「山間」(やんま)と命名、冠しております。
画像 157
限定品「山間」 仕込み五号

限定品「山間」の『仕込み五号』の最初に垂れてくる部分「あらばしり」と最後まで丁寧に搾りきった部分「責め取り」を瓶詰めした特別純米の無濾過生原酒です!!
「中取り」部分の亀口取りが『山間 仕込五号』となります。
武田杜氏が「よっしゃー!!イメージ通り!!」と珍しく自画自賛した現時点では最高の仕上がりとなった
『仕込み五号』です。

武田杜氏の渾身の特別純米酒
画像 159
越の白鳥 仕込み五号

「能登杜氏 四天王」と呼ばれるなど『現代の名工』と『黄綬褒章受賞』など
国宝級の最も有名な杜氏の『農口尚彦』さんと七名の蔵人で醸す「常きげん」(じょうきげん)。

私も13年前にお会いする機会があり隣でご本人から「酒造りとは」を熱く語っておられたのを思い出します。

酒造りはまさに「千変万化、つくり手次第なんです」と言う、その語り部こそ、「常きげん」を「常きげん」たらしめている・・・、蕎麦も同じです農口さん。

画像 155
冷で一献

画像 153
長陽福娘 特注生産 限定直汲み(今回入荷分に限り、槽口よりダイレクトに瓶詰めしてもらった【直汲み】です)

ふくらみのある柔らかい旨味を感じます。搾ったばかりの新酒ですと通常、荒々しさが目立ちますが、非常に柔らかく嬉しい限りです!直汲みによるピチピチの刺激と共にスッーと口の中から消えていくキレの良さも抜群です!!
説明文は「矢島さんより」

この週末はお天道様の機嫌が悪そうな予報ですが、杜氏の思いが詰まった酒にあう肴と負けない蕎麦を打ちます。

皆様のご来店をお待ちしております。



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。