流山 すず季ブログ
店主と女将が日々の事などを紹介していきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンセプト(野の香り)
新年になってから更新をサボっていてご免なさい!

しかし、ある先輩蕎麦打ち師から「パソコンをやる時間が有ったら蕎麦に集中しろ!」まったくその通りです!と言うお言葉を頂いて連日練習していた蕎麦がまもなくデビュー致します。おまかせの中ではすでにデビューしているのですが・・・、一般営業時間ではまだデビューしておりません。そこでどんな蕎麦かと言うと・・・

蕎麦を感じて


玄蕎麦を手挽き臼で挽きます。産地や殻の硬さにより、2回又は3回挽きます。落とし方と回転速度によって色々な答えが出てきます。

挽きはじめて玄蕎麦が挽かれる振動が手から体全体に振動してきます!
まるでギターですね。その時の蕎麦と臼が奏でる音色が自分の体に響きわたり心地よいと感じた時の挽き具合が僕には合っているみたいです。

そして、篩にかけて二八で打った手挽きせいろが


手挽きせいろ


粗挽きなので打つのには少しコツがいりますが食した時のなんともいえない感じが好きです!(笑)

アップの写真は


DSCF0058.jpg


こんな感じです。

個人的にはこの蕎麦を打っているときに釧路湿原とそよ風にほんのりと香る澄んだ空気と野の香りを回想してしまいます。

お客様にも原野(大平原)を連想できる蕎麦にしたいと考えております。

只今日本中の醤油を取り寄せてこの蕎麦に合う醤油を製作中ですのでもう少しお待ち下さい。手挽きの蕎麦掻はすでにデビューしておりますのでよろしくお願い致します!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。