流山 すず季ブログ
店主と女将が日々の事などを紹介していきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界がもし100人の村だったら
先日、店のトイレが壊れた!

壊れたといっても水の供給もとの井戸水のポンプが壊れたのである。

蕎麦屋には井戸水(飲水可能)は蕎麦を洗うときなどに必要で、とても大切なものである。(※保健所の水質許可がないと使えません)
トイレも井戸水を使っていたのでとても大変な思いをした。
幸い壊れた当日は大雨と雷により日曜日だったが来店数が少なく助かったが、夕方からの営業はお休みとさせていただいた。

自宅のトイレ(2F)も井戸水を使用している。

「小」をしたときも「大」のときも「じゃ~っつ」とレバーをひねる。
いつもは何も考えずにごく当たり前に「じゃ~っつ」とひねる。
だが・・・!「じゃ~っつ」とやってしまうと水が供給されないのである。
トイレを使用した場合は次の人のために人力で水をタンクにためなければならないのである。
この作業がとても大変で「大」をひねると10Lの水が一気に流れてしまい「小」だと5Lの水が流れる。
使用後はペットボトルに水を入れて上から注ぎ込む「大」の場合は5本分である。「小」だと3本弱である。

ある晩の事、家族の中に水汲み作業をサボった奴がいた。
すっきりと気持ちよくなり「大」をひねっても「じゃ~っつ」と水が出ないのである。聞こえるのは「カチャ、カチャ」と乾いた音だけがトイレ内に響く。
人間の心理で「汚いものは水に流す」というのがあるが流れないと
すごく変な気持ちになる。そして、自分の分と次の人のために20Lの水汲みをしたので眠気も一気に覚めてしまいビールでもを飲もうと思い
店の冷蔵庫を開けたが、後が大変なのでやめといた。

そんなときに店においてあるこの本を思い出し読み返した。

30914789.jpg

今まで何も考えずに「大」をひねっていた自分がいる。

ごく当たり前のように。

すごく考えさせられた事件だった。

世界中を旅して実際見たわけではないが人から聞いた話から想像すると
日本人は恵まれているんだと改めて感じ、トイレに行くのが苦痛な3日間だった。

今年は雨が少なそうなので皆さんも「小」と「大」を使い分けましょう!(笑)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sarashinasuzukiblog.blog50.fc2.com/tb.php/37-3aff5fc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。