流山 すず季ブログ
店主と女将が日々の事などを紹介していきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピンチはチャンスでもある。
台風が足早に通り過ぎ、お世話になっているSさんに電話を入れる。

「どうですか?」と、尋ねた。

昨日の風と雨はひどかった。朝のラジオ放送では土浦で屋根が飛んだだのと
言っていたので心の中では半分あきらめていた。

「出来ることはすべてやった、自然相手だからしょうがないよ」と。

「大丈夫だっぺ」「自分の目で見に来たほうがいかっぺよ」と、Sさん。

急きょ金砂郷へ!(お店にご来店のお客様、ごめんなさい。)

今年の金砂郷は8月の種まきのすぐ後に集中豪雨にあい
蒔いたばかりの種が流されてしまったそうだ。

土はぬかってしまい私の畑の種まきも予定より一週間遅れた。
地元の方々もいつもより遅れて種を蒔いた。そして、順調に成長したが、9月は雨が降らず蕎麦の花
から実になるときに必要な栄養を十分に土から摂れない状態が続いていた。実は付いているが十分に栄養がいきとどかないと膨れない。葉は黄色くなりはじめている畑もあった。そして、半分あきらめかけている矢先に大型台風だ。「こりゃ、駄目だ。」地元の方もそう思っていたみたいだ。

この台風で被害にあわれた方も沢山いるが、お陰さまで私の畑の蕎麦達は

2009種まき 068

耐えてくれた。感謝!
そして、先週見た蕎麦達よりも今日の蕎麦たちのほうが緑が濃いのだ。
2009種まき 057
この雨で元気を取り戻して子孫を残すためにがんばっていた。
栗拾いの山の木々も輝いていた。今年一番の青空に。
2009種まき 064

すでに、赤土地区でも刈り入れが始まっていた。私の畑もあと少しで刈り入れになるだろう。
この台風が恵みの雨になるかは刈り入れのお楽しみ、そして、収穫祭のときに今年の蕎麦達の
環境を伝えてくれるだろう。

もう、台風は来ないでね!!

生命の強さを感じた一日だった。





関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。